Google

Yahoo! JAPAN



ウェブアプリケーション リンク集

ウェブアプリケーション(Web application)は、ウェブの機能や特徴を利用したアプリケーションソフトウェアのことである。 ウェブアプリケーションの一例としては、ウィキペディアなどで使われているウィキやブログ、電子掲示板、銀行のオンラインバンキング、証券会社のオンライントレード、電子商店街などネット販売のショッピングカートなどを挙げることができる。 ウェブアプリケーションに対して、ローカルのデスクトップ環境上で動作するアプリケーションは、デスクトップアプリケーションやスタンドアロンアプリケーションと呼ばれる。

サーバとクライアントの間の通信手段としては、アプリケーションプロトコルの1つであるHTTPを用いる。HTTPはステートレスなプロトコルであるため、 HTTPだけでは状態の管理は行えない。しかし、大半のウェブアプリケーションではセッションの管理が必要であるため、Cookieなどを用いてサーバとクライアント間でセッションIDの受け渡しをし、セッションの管理を行っている。 当初、クライアント側にはHTML文書を送信するだけであったが、近年ではJavaScriptを用いたAjaxやAdobe FlashやHTML5などを用いることにより、リッチなユーザインタフェースを備えたウェブアプリケーションも多くなっている。これらはリッチインターネットアプリケーションとも呼ばれている。

当初、ウェブは、Webサーバ上に配置したHTMLファイルをウェブブラウザなどのユーザエージェントに返却することしかできなかったが、CGIの登場によりユーザからの入力に応じて、HTML文書などのリソースを動的に生成し、返却することができるようになった。このことにより様々なウェブアプリケーションを構築できるようになった。 現在では、ウェブアプリケーションを構築するための技術としてはCGI以外に、Java ServletなどのJava EEやApache HTTP Server用のモジュールとしてPHPで記述されたプログラムを実行するmod_php[1]、マイクロソフトが開発したActive Server Pagesなどが存在する。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』




Copyright (C) 2010-2013 ウェブアプリケーション リンク集 All Rights Reserved.

薬剤師の6割は女性 リンク集1 リンク集2 リンク集3 リンク集4